Please enable JS

Results

5 August

ヴェロックス

金子真人ホールディングス(株)

1st

  • Race

    2歳新馬

  • Race Course

    小倉

  • C & D

    芝1800

  • Jockey

    浜中 俊

6月末に入厩してからジックリ乗り込んできましたが、初戦とすれば申し分のない仕上がりで、調教の段階からセンスを感じさせる走りを見せていました。出たなりで好位につけて道中も手応え良く追走。折り合いもスムーズでした。外から並びかけられそうになって勝負どころからジワッと進出開始。4角では少し外に張っていましたが、ノーステッキでアッサリ抜け出し、終わってみれば8馬身差の圧勝でした。もちろん初戦から期待していましたが、スケールの大きさを感じさせるレースぶりでした。

5 August

ミッキーチャーム

野田 みずき

1st

  • Race

    藻岩山特別

  • Race Course

    札幌

  • C & D

    芝1800

  • Jockey

    横山 典弘

7月22日に500万下を勝って中1週のローテーション。テンションが上がってきて体も若干減っていましたが、疲れは残っていませんでした。馬なりでスッとハナに立ちましたが、1角で少し力んでペースが速くなったので道中は引き離す形になりました。それでもジョッキーによれば3~4角でうまく息を入れることができたとのこと。直線入り口で一旦後続を引きつけましたが、追い出されるとしっかり伸びて突き放し、危なげなく押し切りました。函館から復帰してこれで3連勝となりました。この後はひと息入れてリフレッシュを図り、秋に備えます。

4 August

サナコ

R. アンダーソン

3rd

  • Race

    3歳未勝利

  • Race Course

    小倉

  • C & D

    ダート1200

  • Jockey

    荻野 極

5月の京都戦が不本意な内容だったので再度放牧に出して立て直しを図りました。3カ月ぶりのレースとなりましたが、肉体的にも精神的にもいい仕上がりで臨めました。仕掛けてポジションを取りにいき、道中も流れに乗って追走。これまでは揉まれないレースばかりでしたが、前に馬を置く形でもリズム良く走れていました。勝負どころから仕掛けて離されないようについていき、直線もジワジワ伸びて3着。前走時と違ってやめるような面を見せず、最後まで集中していたのが何より。次につながるレースができました。

4 August

オールドベイリー(USA)

ゴドルフィン

1st

  • Race

    越後ステークス

  • Race Course

    新潟

  • C & D

    ダート1200

  • Jockey

    中井 裕二

番組の関係で短期放牧を挟みましたが、暑い時期でも順調に乗り込んでいい状態をキープ。昇級戦でも2番人気の支持を得ました。久々の芝スタートだったこともあって若干反応が遅れましたが、二の脚ですぐに好位直後につけ、道中は行きたがるのを我慢させて追走。キックバックを嫌がるような素振りも見せず、流れに乗って運べました。直線に向いてから追い出し、ゴール前で抜け出して快勝。コントロールが利くようになり、その分、決め手にも磨きがかかってきました。これで中井騎手とのコンビで3勝目。確実に成長しているのでオープンでも楽しみです。

29 July

バニーテール

金子真人ホールディングス(株)

4th

  • Race

    3歳上500万下

  • Race Course

    札幌

  • C & D

    ダート1700

  • Jockey

    藤岡 佑介